まず、面接時に保育士不足だったのだろう

未経験、資格なしの私が面接と同時に採用決定しました。

フリーとして日によって人手の足りないクラスへいく、という仕事で資格もないので掃除とかかな~と軽く考えていたら保育士と同じ仕事内容でとにかくハード。

しかもフリーだったため、名前と顔が最初分からず先生たちにイライラされ、毎日が勉強。

見て覚える、やって覚える、という感じでとにかく毎日が闘い…。

一ヶ月しないうちに名前と顔を全クラスほぼ覚えることが出来、対応にも慣れた頃、女だらけの職場なだけあってなにかと突っかかる先生も居たり…。

大きい子どもはなめきって言う事聞かない

小さい子どもは危ない、食事が大変。

ある程度片付いたらお昼寝準備どこまで注意したらいいのかどうしたら聞いてくれるか毎日が葛藤だったような気がする。

でも、当時自分の子どもも3歳、2歳0歳…いろんな対応の仕方があるんだととても勉強になって少し心の余裕がもてるようになったと思う。

しかし保育園によっては方針が全く違うため自分の子どもたちが通う保育園とは違って少し度が過ぎるようなこともありまた、子どもたちが病気になったとき休むことがあるとお話しして
採用していただいたにも関わらず保育士不足のため休むと文句を言われたり誰かにあずけてでも来いと言われる。

結局退職したが、保育士として働くならやっぱり入ってみて保育園の様子をしっかり見るべきだと思う。

表面上はちゃんとしていても実際は入ってみないと見えない部分がたくさんある。

やってみることには価値あるしなによりも自分も強くなる。

精神面で強くないとおそらく挫折するかもしれないけどとってもやりがいのある仕事だった。

これから就職活動で保育士になりたい方はたくさん自分の力になると思うからぜひ頑張ってほしい。

子どもさんが居るひとは預け先がきちんとあるといいかも。

なかなか休めないと思うから、熱や体調不良のときは大事。

以上私が体験してみて思ったことです